万葉まちづくりセンター
昭和万葉の森
昭和万葉の森管理事務所・冬
■昭和万葉の森管理事務所棟
宮城県黒川郡大衡村大衡字平林117
TEL022-345-4623(FAX兼用)
■昭和万葉の森
平成元年に開園した昭和万葉の森は、昭和天皇御在位60年を記念して昭和30年に第6回植樹祭が行われた平林地内の松林(御成山)と、これに隣接する落葉樹とをあわせた総面積23ヘクタールの区域に、万葉植物を主体とする森林公園を造成したものです。万葉集で詠まれている植物を通じて、歴史・文化・自然・科学等の学びの森として、また森林浴による健康の増進として利用されています。
園内には万葉記念林や湿生植物園などがあり、万葉植物のほとんどを含め、およそ520種の植物が植栽されています。また、遊歩道は11本5,659メートルが設けらており、その沿道には48基の万葉歌碑が設置されています。
中央部には歌会などの催しに使える集会棟と、万葉集や万葉植物などを紹介した展示棟兼管理事務所があります。
また、昭和万葉の森に隣接して「万葉茶屋」・「ふるさと美術館」・「万葉クリエートパーク」などがあります。

こちらでは、大衡村昭和万葉の森の様子を動画でご覧いただけます。是非ご覧ください。
大衡村の動画再生
・大衡村昭和万葉の森
※上記動画をご覧になる為には、Adobe Flash Playerが必要となります。
インストールしてからご覧ください。
Adobe Flash Playerは、こちらから無料でダウンロードできます。 Adobe Flash Playerダウンロード
御手植の松
ヤマユリの群生と歌碑
■御手植の松
昭和30年4月6日に開催された第6回全国植樹祭で、昭和天皇・皇后両陛下が3本ずつ御手植えになられたアカマツです。
■ヤマユリの群生
御成山の昭和天皇御手植の松周辺に、毎年7月中旬頃から咲き誇るヤマユリの群生は、目を見張る景観であり、数多くの来園者が訪れます。
昭和万葉の森管理事務所・初夏
御成山のアカマツ
あじさい
■あじさい
■御成山のアカマツ
万葉茶屋

■万葉茶屋
昭和万葉の森駐車場南側には、気軽に休める生芝生広場や軽食
(大好評 ランチ、各種そば・うどん、おむすび、ソフトクリーム等々)と、
地場産品等を取りそろえた「万葉茶屋」があります。
昭和万葉の森を訪れた人々の最良の憩いの場となっております。
【お問い合わせ】 万葉茶屋 ・電話022-345-1005

<利用期間>
4月~10月 9:00~16:30まで
11月~3月 9:00~16:00まで

<休園日>
年末年始 (12月28日~1月4日まで)

<利用料金>
「万葉の森」入園料は無料です。
ただし、万葉館の使用料金は下記の通りです。
※予め「昭和万葉の森管理事務所」までお願いします。
利用料金
広間
茶室
9:00~12:00
1,200円
960円
13:00~16:00
1,200円
960円
9:00~16:00
2,400円
1,920円
万葉大使
交通案内
昭和万葉の森MAP
■交通案内 ※バスでお越しの方
昭和万葉の森へは、(株)ミヤコーバスをご利用ください。
・高速仙台加美線⇒[大衡村役場前]下車
・高速仙台大衡線⇒[大衡村役場前]下車